「新しい串間へ」 くらしにぎわう躍動する串間づくり


by takedamasahide
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

臨時議会

平成22年2月12日
12日、臨時議会が開かれた。
国の平成21年度二次補正予算「地域活性化・きめ細かな臨時交付金」を活用した事業及び子ども手当の円滑な実施を図るためのシステム経費、合わせて1億3千7百36万2千円が提案され可決しました。
 「地域活性化・きめ細かな臨時交付金」は12月8日に閣議決定された「明日の安心と成長のための緊急対策」を踏まえ創設されたもの。
使途は橋梁の補修、電線の地中化、都市部の緑化、森林の路網整備その他公共施設または公用施設の建設・修繕に係る事業とされており、本市の取り組みは以下の通り。
   ○地域活性化・きめ細かな臨時交付金事業
1 串間市庁舎等トイレ改修事業 予算10,000千円 庁舎及び各支所のトイレ扉の改修及び洋式化経費
2 葬祭場施設補修事業 予算8,000千円 玄関ポーチの屋根の補修・防水、空調設備補修経費
3 市道整備改修事業 予算36,300千円 市道の舗装補修及び法面補修経費
4 総合運動公園整備事業 予算11,100千円 芝生広場法面改修・展望所の防腐塗装経費
5 串間市消防庁舎施設改修事業 予算30,000千円 仮眠室の個室化等に要する経費
6 小中学校施設トイレ改修事業 予算36,000千円 トイレの個室改修及び洋式化経費
7 公民館施設補修事業 予算1,561千円 市木公民館床張替え・大束公民館天井補修経費
   ○子ども手当支給事業 
予算4,401千円 子ども手当の円滑な実施を図るためのシステム経費

市長部局に対し、陳情書が出されている都井岬の電線地中化は検討しなかったのか、公用施設の補修に片寄りすぎでは等質疑をしましたが緊急性と経済効果を優先したと答弁しました。、また資材調達及び発注は地元優先で行うべきであるとの指摘については地元発注率100%見込んでいると答弁。

監査委員
議員のうちから選任する監査委員が不在となっていたが、黒水憲一郎議員が選任された。
任期は前任者の残任期間。


 
[PR]
by takedamasahide | 2010-02-13 09:54 | 議員活動