「新しい串間へ」 くらしにぎわう躍動する串間づくり


by takedamasahide
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

平成24年10月31日
30日、宮崎県林業研究グループ連絡協議会主催の平成25年度森林・林業フォーラムが、宮崎市のMRTmicc 
ダイヤモンドホールで開催され、出席しました。
このフォーラムは、森林・林業に関する学習と会員相互の連携を図るとともに、森林、林業、山村振興に
貢献していくことを目的にしています。

プログラム
1.式典
  黒木会長挨拶
  来賓祝辞(内田宮崎県副知事・丸山県議会副議長・田爪全国林研会長)
  来賓紹介

2.林研グルーフ活動発表
  日向市林業研究グループ連絡協議会「森林(もり)の宝物が繋いでいく未来」
  高岡町林業研究グループ連絡協議会「高岡町林業研究グループの歩み」
  椎葉村林業研究グループ連絡協議会「椎葉村林業研究グループの取組について」
最優秀賞を受賞した日向市林研は九州大会で発表します

3.特別講演
  講師 鹿児島大学農学部 教授 遠藤日雄(えんどうくさお)氏
  演題 「岐路に立つ日本の森林・林業・木材産業」
消費税増税や木質バイオマスの本格稼働がどう影響するのか、また外材に替わり国産材市場を確立
する方策や10年後の住宅需要の動向など、大変勉強になりました。


()

(リンクサイト)

武田政英のホームページ

龍口山
[PR]
by takedamasahide | 2013-10-31 08:07 | 社会貢献活動

ドラフト会議

平成25年10月27日
24日行われた新人選手選択会議で加治屋蓮投手がソフトバンクホークスから
1位で指名されました。

加治屋投手は串間市出身、生家はわが家と同じ清水自治会。
ご近所からプロ野球選手が誕生することはめったにあることではありません。
串間の誇りです。心からお祝いを申し上げたいと思います

厳しいプロの世界ですが、頑張ってほしい。
今後の活躍を期待しています。




武田政英のホームページ

龍口山
[PR]
by takedamasahide | 2013-10-27 07:18 | 雑記帳

全員協議会

平成24年10月26日
新聞でも報道されましたが、懲戒免職となり退職金手当制限(不支給)の
処分を受けた元串間市職員の不服申し立てを地方自治法206条第4項に規定し
ている議会への諮問を行わず申し立てを棄却していたことで、25日、全員
協議会が開催されました。
懲戒免職となった理由や経緯について説明があり、不手際によって急遽、臨時
議会を開催しなければならなくなったことに謝罪がありました。

28日、10時より臨時議会が開会します。
議案は以下のとおりとなっています  

諮問4号
給与その他の給付に関する処分についての異議申立てに対する決定をする
ことにつき議会に諮問することについて



武田政英のホームページ

龍口山
[PR]
by takedamasahide | 2013-10-26 09:37 | 議会

開 催 日 10月11日 午後4時~
場   所 永友荘 会議室

1.会長挨拶
2.協議案件
  ①今年度のスポーツ&カルチャー合宿状況と今後の取組

  ②2020東京オリンピック開催に伴う合宿誘致について

  ③その他

 
()

(リンクサイト)

武田政英のホームページ

龍口山
[PR]
by takedamasahide | 2013-10-13 07:02
開 催 日 10月7日 午後10時~
場   所 市議会第3・4会議室

協議案件
●議会だより(No.2)内容検討

 ◎原稿確認
  ・委員会報告(9月議会の3常任委員会報告)
  ・一般質問(9月議会)13名
  ・請願、陳情、意見書の内容と結果
  ・9月議会の提出議案
  ・討論内容及び審査結果
  ・ふるさと探訪(今回は大束地区)、編集後記等
  
  今回の「ふるさと探訪」は私の担当で赤池渓谷をとりあげました。

()

(リンクサイト)

武田政英のホームページ

龍口山
[PR]
by takedamasahide | 2013-10-08 08:01
10月2日、串間地区更生保護女性会(森本明子会長)と地域生活支援センターWing(中村敏子センター長)
の合同研修会が開催されましたが、保護司会にも案内があり参加しました。

テーマは「宮崎県地域定着支援センターについて」
センターの相談員、今村俊彦氏・衛藤卓郎氏の両氏から、センターの役割について説明がありました。

矯正施設(刑務所や少年院など)に入所した高齢者や障害者の中に出所後、自立した生活をおくるこ
とが難しいケースがある。

地域定着支援センターはそうした方に対して、直ちに福祉サービス等(障害者手帳の発給、福祉事業所
の入所等)を利用できるよう矯正施設入所中から関係機関と連携して、円滑な社会復帰を図るための支
援や調整を行っており、実際に支援を行った高齢者や障害者のケースを例に説明がありました。

平成22年から25年9月までに支援した高齢者24名、障害者20名中、障害者手帳や療育手帳を持って
いた方は高齢者4名、障害者7名であったということです。

障害があることを家族や周囲が気が付かず、社会人になりうまく社会に適応できなかったケースもある
ように思いました。社会復帰のためには周囲の理解と協力が必要だと感じた次第です。


()

(リンクサイト)

武田政英のホームページ

龍口山
[PR]
by takedamasahide | 2013-10-03 09:57 | 雑記帳